毎日通わない高校 翔洋学園のネットキャンパスでの学び方 年2回の集中スクーリングでOK!

ネットキャンパス 日立集中スクーリング~校外学習編② 翔洋学園高等学校ネットキャンパスでは,宿泊型の集中スクーリングを実施しています。 生徒たちは普段,自宅で学習を進めていますが,前期と後期の年2回スクーリングに参加します。 ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~ 今回は,宿泊型の日立集中スクーリング~校外学習編②です。 関東各都県在住の生徒たちが一堂に会する2泊3日の行程では,校外学習を実施しています。 今回訪れたのは,高萩炭礦資料館。 高萩炭礦資料館は,平成24(2012)年に開館。高萩炭鉱にまつわる貴重な資料や写真を展示。 江戸時代末期の1851(嘉永4)年から,戦後の石炭産業の技術革新による飛躍的な発展~高度成長期に活況を呈した昭和47(1972)年まで採掘が続いた炭鉱の町・高萩の歴史を伝えています。
600分の1スケールのジオラマには,坑口やズリ山(石炭を選別し,くず石炭と土砂を捨てて積み上がった山)のほか,炭鉱住宅,売店,集会所,会館,井戸,共同浴場,理美容所などが再現されており,当時の炭鉱労働者の生活を伺い知ることができます。 屋外には,石炭の運搬に使用されたトロッコや,3000万年前の珪化木も展示。 ※下の写真は,「トロッコ」展示の様子。
※下の写真は,「珪化木」展示の様子。
現在の高萩市は,明治・大正時代から昭和40年代まで,炭鉱の町として栄えたとのことです。 高萩炭鉱は,かつて高萩市の基幹産業で,日本の産業の原動力として熱エネルギーを支えました。 明治30(1897)年に常磐線・高萩駅が開設されてからは,毎日多くの石炭が貨車に積まれて東京方面へ輸送され,石炭産業は大きく発展。 高萩における炭鉱は,当初数多くあった小炭鉱を統合しました。
昭和15(1940)年,実業家・菊池寛実が高萩炭礦株式会社を設立。 翌年,第二次世界大戦が勃発し,石炭の増産が求められました。 戦後の経済復興のため,国が石炭保護政策をとったことにより石炭産業は技術革新を進め飛躍的に発展。 昭和40年代に入ると,国は熱エネルギーを石炭から石油へと転換し,石炭業の大半は閉山。 日本の原動力としての役割を終えました。
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~ ネットキャンパスでは現役高校生だけでなく,社会人や主婦の方,スポーツ選手,バレエダンサーなど,年齢や背景が様々な方々が共に学んでいます。 普段はご自宅でレポート学習・メディア視聴学習を進めますが,解らないところや難しい問題があれば,スカイプを使って学校の先生に質問することができます。 スクーリングの登校は年6日で,宿泊型または日帰り型のいずれかに参加していただきます。 また,翔洋学園高等学校ネットキャンパスは,学費が安いので安心。 国の就学支援金の通常支給対象となった場合,学費は年間13万円程度となる見込です。 宿泊型の集中スクーリングにかかる費用は,他校では宿泊費と食費は別途納める場合が多いのですが,翔洋学園高等学校ネットキャンパスでは学校が負担しますので,自己負担は往復交通費のみ! 翔洋学園高等学校ネットキャンパスに入学をお考えの方,まずは一度お電話ください。 転入生・編入生は受付中。 社会人,主婦,シニアの方の入学も大歓迎です! 広域通信制の翔洋学園高等学校は1都16県から設置認可を受けていますので,下記のエリアにお住まいの方でしたら入学することが可能です。 ■翔洋学園高等学校ネットキャンパス(通信制)に入学可能な都県 東北地方…青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県 関東地方…茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県 甲信越地方…山梨県,長野県,新潟県 東海地方…岐阜県 日立会場スクーリングには,茨城(日立市・土浦市・笠間市・つくば市・那珂市・つくばみらい市)・栃木(日光市・塩谷町)・千葉(松戸市・成田市・東金市・市原市・印西市)・神奈川県(横須賀市・藤沢市)・宮城(石巻市・大衡村)・秋田(湯沢市)・山形(鶴岡市)・福島(いわき市・郡山市)から生徒が参加しています。

コメント

このブログの人気の投稿

今こそ通う必要のない通信制高校 翔洋学園のネットキャンパス

通信制高校で高卒 普通科卒業資格を! 翔洋学園ネットキャンパス 集中スクーリングとはこんな感じです

通信制高校 翔洋学園高等学校 ネットキャンパス はこんな学校です! 学費編